重要課題を解決する合宿

KGKがお勧めする課題解決のアプローチは、「出来るところからやる」ではなく、「難しい根本的な課題から取り組む」ことです。これまで、多くの企業、組織の課題解決を支援してきましたが、「出来るところからどんどんやっている」という言葉が、根本的な問題を先送りする口実になっている状況を多く見てきたからです。出来るところからやっていくアプローチで、経営環境変化のスピードに対応できる場合には問題ありませんが、そうでない場合には、KGK式課題解決合宿によって「難しい根本的な課題」に正面から取り組んでみてはいかがですか。2泊3日、関係者全員が本音で徹底的に議論して解決策を合意しましょう!

合宿の成果物

KGK式合宿の成果物は、とてもシンプルです。

  1. 合意された解決策、解決策の実現時期と実行体制、結論に至る議論の経過が記述された1枚のマップ(リアルタイム議事録)
  2. 参加メンバー全員の結論に対する深い納得

標準工程 (全工程は2ヶ月、合宿は2泊3日)

<時期>    

<期間> <工程> <内容>

合宿前

 

1.5ヶ月 

事務局打合せ #1

討議テーマの検討

(抽象的でもよいが、 範囲は

 明確になっていること)

事務局打合せ #2 座長と参加メンバーの検討
事務局打合せ #3 合宿日程、施設の検討
ヒアリング

主要参加メンバー、上位権限者

(合宿には参加しないが合宿の

 結論を承認する権限を有する人)

 へのヒアリング

合宿本番

2泊3日 合宿 価値ある2泊3日(例)を参照

合宿後

0.5ヶ月

報告と実行部隊の

立ち上げ

上位権限者に合宿の成果を報告

上位権限者の承認を前提として、

実行部隊のキックオフを実施

KGKの役割

  1. 合宿全体の設計・準備は、KGKがリードします。
  2. 合宿本番の議事進行は、お客様の座長がリードし、KGKがサポートします。KGKは、リアルタイム議事録を入力し、議論を可視化、構造化します。
  3. 上位権限者への報告は、お客様の座長が実施します。KGKは同席し、合宿の評価と今後の取り組みに向けての提言を行います。
  4. KGKは、実行部隊の立ち上げまでをサポートします。