価値ある2泊3日(例)

下記は、結果としてこうなったという事例であり、最初からスケジュールを決めて臨むというやり方は採りません。議論の流れに任せるのがKGK式です。

時刻 内容
1日目 11:30 合宿施設に集合
11:30~12:00 メンバーへの施設説明、生活案内
12:00~13:00 昼食(施設内食堂)、休憩
13:00~14:40

①座長挨拶
②自己紹介・自組織紹介

(座長から席順に、十分時間をかける)
③ブレストにおけるルール説明

(ルールはひとつだけ=「すべて自由に」)

  (休憩は、ブレストの途中でも十分とること)
15:00~17:50 ブレスト Session①問題の真因は何か
18:00~20:00 食堂で夕食、入浴、休憩など
20:00~23:00

宴会その1

(会議室で飲みながら議論)

2日目  
09:00~12:00 ブレスト Session②真因の解決策、選択肢と得失は
13:00~17:50 ブレスト Session③最善の解決策とは
18:00~20:00 食堂で夕食、入浴、休憩など
20:00~23:00

宴会その2

(昼間の理詰めの厳しい議論から来るストレスを癒す)

(ホンネも言い合って、お互いをより深く理解する)

3日目  
09:00~12:00 ブレスト Session④解決策、実現時期、実行体制の合意
13:00~14:00 リアルタイム議事録の確認
(14:00以降) 議論が完結しない場合に備え、予備時間として確保しておく